未分類

千代田野郎第3戦ダーチ

こんにちは、コチです。

7月24日千代田野郎第3戦ダーチに参加してきました、先ずは練習のお話からと言いたいのですが連日ノーバイト、ノーフィッシュの4連続ボウズで正直書く事が無い💦

辛うじて練習最終日の午後巻き物でシャローを徘徊していると流れ込み横のフローティングカバーの真下から数匹のバスのチェイスが有りやっと魚を発見

実は朝イチ打ってた場所からのチェイスだったので居るのに食わない、アプローチの違いがキーかと思い練習を終えました

大会当日

悩みに悩んで導き出したのはシェード+水面下スタメンは水面直下系にチャター、スイムジグ、チャターなど打ち込めないカバーの濃い場所はカバージグ

サブパターンで5〜6mフラットで回遊するレギュラーサイズ狙いのスモラバ

とりあえずスタメンはこんな感じでスタートとなります!

部長の服キラキラのガチ○ピン色

参加者の大半は流れ込み方面に向かっていたので千和方面へ!チャター&スイムジグを巻いていると遠くで聞き慣れた部長の声で「ギャーあり得ん!」バラシとは言え場所的にヤラれたと内心思いつつ釣り続けますが何も起こらず

7:00

前回チェイスの有った流れ込み横のフローティングカバーに入ります、丁度人も居なく距離を取りエグダマタイプレベルをピッチングで入れていくと〜

真っ黒なバス浮上しバスがエグダマに直行!

コレハモラッタ!フッキング体制を整えて

パクっとバイトし反転した瞬間にフルフッキングを決めてからヒヤヒヤの連続、エレキに巻かれそうになったり木に巻かれそうになったり〜

ランディングネットを取る暇も無いのでハンドランディングを決行!口を開かないのでバスを抱き抱えて船内へ!キッカーキャッチ!

忘れもしない7:20の出来事でした!!

次は時間に余裕が有るのでピンスポットを巡回したが食わせられず、サブパターンのライトリグで追加を狙いましたが何も起こらず終了の時間

検量タイムで部長は一足早く検量したらしく2本でフィニッシュ、ドキドキ感を残す為ウェイトはあえて聞かないようにしてました

リョウ君も貴重な1本キャッチと聞いてライブウェルから魚出すまでジロジロガン見してたのはココだけの話

そして検量の番が回ってきて1本52センチ

12人参加して釣ってきたのは3人とは予想通りでしたがホント渋渋な大会でした

カワズスタイルさんからお借りしました🙇

優勝は部長2本 3900g

2位コチ1本 2450g

3位リョウ君1本 400g

大会を終えて

ダーチの夏大会において過去一番難しかった本大会、大会を終えて思った事は夏らしい魚の動きをしていない、時期の進みが遅いと感じました、コノ原因がプレッシャーなのか連日降り続いた雨なのか分かりませんが今後の対策を考えないとダーチの夏バスに手を焼きそうです(もう焼いてますが…)

最後までお読み頂きありがとうございます

以上です。

 

 

-未分類